セミナー

会場:セミナーA会場・B会場
普段は無料で聴けない!全国の小売・中食・外食業界の著名な講師による、
課題解決や売上アップにつながるセミナーです!
新たなビジネスの発展、業界最先端の情報収集に、ぜひご参加ください。
聴講者数には限りがございますので、お早目のご来場をおすすめします。
※聴講される方はお一人様1枚名刺をセミナー会場受付にてお渡しください。

聴講無料

● 11/13(水)

発酵食品のもたらす健康効果について小売

10:3011:30

A会場

佐賀大学 農学部

教授 北垣 浩志氏

ヨーグルトには乳酸菌が含まれ腸内細菌の改善機能だけでなく自然免疫の活性化などの健康効果があることが報告されてきました。日本の発酵食品である味噌、甘酒、塩こうじ、日本酒、焼酎、お酢、黒酢にも最近多くの健康機能性が報告されてきています。これらには最近我々が報告した、日本の発酵食品に含まれる麹グリコシルセラミドの腸内細菌改善効果、肝臓コレステロール低下効果も含まれます。これらの発酵食品のもたらす健康効果について包括的に解説します。

講師プロフィール ▼

プロフィール

1993年 東京大学農学部農芸化学科卒
1995年 東京大学大学院農学生命科学研究科修了
2004年 米国サウスカロライナ医科大学・文部科学省長期在外研究員
2010年 科学技術分野の文部科学大臣表彰
2011年 内閣府・日本学術会議 連携会員
2012年 文部科学省・学術調査官、東京大学大学院・非常勤講師
2013年 先端技術大賞・特別賞
2015年 佐賀大学農学部教授
NHK 美と若さの新常識などにスタジオ出演
代表的な著作に「こうじ菌」(農文協)など

店舗で上手くいく集客、接客、教育方法と、やってはいけないこと外食

12:0013:00

A会場


九州サーバーK-LOVE

代表 吉岡 逹寛氏
副代表 来住 勇気氏

自店で上手くいった、売り上げアップ、集客、育成方法のご紹介。それにつながる業者様とのこだわりの連携方法。 今の飲食業界の逆風になっている部分に立ち向かう為の取り組みのご紹介。

講師プロフィール ▼

プロフィール

九州サーバーK-LOVE代表。ミドルトン勤務。
第8回S-1サーバーグランプリ九州代表。
熱いスタイルの接客からソフトタッチまでこなせる万能派サーバー。
現在は飲食店での熱い接客をこなしながら、九州のサーバーのための勉強会、九州サーバーK-LOVEも運営している。
また当日は副代表の、おるげんと来住勇気氏と登壇

健康食品(サプリメント)の最近の情報健康食品

13:2014:20

A会場

日本食品保健指導士会
副会長
九州支部 事務局長

松林 吉彦氏

健康食品とは、食品衛生法改正とHACCP導入について、トクホや機能性表示食品とは、栄養機能食品とは、消費者への情報提供

講師プロフィール ▼

プロフィール

公益財団法人日本健康・栄養食品協会認定日本食品保健指導士、公益財団法人健康・体力づくり事業財団認定健康運動指導士・健康運動実践指導者、貯筋運動プロジェクト、ふくおか健康づくり県民会議メンバー、一般社団法人医療予防協会・東京都商工会議所認定健康経営アドバイザー、福岡県レクリエーション協会会員

22世紀に何を食べたいかを考える。-第2章-小売

14:4015:40

A会場

(株)三越伊勢丹

新宿食品・レストラン営業部 営業部長 村山 慎一氏

昨年は”商談会や商品は手段”であり”手段と目的を明確にすることが極意!”という技術論を中心にお話しさせていただきました。本年は”仕事の70%はメンタル!”、そして”反対側から見ると真実が見える!?”をテーマに、ひとりでも多くの方の見方や行動が変わる”心得”をお伝えできればと思います。

講師プロフィール ▼

プロフィール

小学校3年で食べ歩きを初め、やがて自転車やバイクを手にして全国各地を巡りはじめる。より多くの出逢いを求めて百貨店に入社するも、1年目は婦人服に配属!今でも伝説として語り継がれる行動により2年目から念願の食品担当に。そして催事担当時代には【オリオンビアフェスト】、【ロイズコレクション】など「地元の人すら行きたくなるイベント」を実現。今も”ニッポンの食文化の継承、伝達、そして進化への貢献”を使命に、現在は伊勢丹新宿店の食品を担当し、今でも全国を駆け巡り続ける。

県産品を九州へ売り込め! “愛のくに えひめ営業本部”の取組み地域ブランド戦略

16:0016:30

A会場

愛媛県

営業本部 マネージャー 久保 圭一朗氏

「オール愛媛」体制で県産品の売込みに取り組むえひめ営業本部の事例をご紹介します。営業本部では県内事業者・生産者の「補助エンジン」として、「実需の創出」により、地域経済の活性化を目指しています!!数値目標としては、県が実施する営業案件に伴い生まれる成約額として、年間150億円の早期達成と、安定的確保を図ること。また、ITを活用した新たなビジネス機会の創出にチャレンジしていきます。

講師プロフィール ▼

プロフィール

生年月日:昭和40年9月
職歴:
平成元年4月 愛媛県庁 入庁
平成31年4月 愛媛県 愛のくに えひめ営業本部 マネージャーに着任

自治体としては珍しい「愛のくに えひめ営業本部」という営業活動に特化した組織において、県内事業者・生産者の「補助エンジン」として、積極的な販路拡大に取り組んでいる。組織目標でもある「新たなことに挑戦する」ということをモットーに、新たなビジネス機会の創出にチャレンジしています。

魅力あるおもてなし企業とリーダーのつくり方外食

10:3011:30

B会場

(有)all-get

取締役社長 友口 賀南子氏

沢山のおもてなしのハウツー本がある中、実体験をもとに、おもてなし企業づくりの向き合いの困難さを語り、これからの生き残るおもてなし企業とリーダーに必要な組織づくりの楽しさを伝える。「おもてなし」は、まずはリーダーの学びからのスタート。そこでチームに繋げる難しさが大きな壁となった経験はありませんか?すべての答えは、何万通りとある、それぞれの企業様の希望に繋がる講演です。

講師プロフィール ▼

プロフィール

1978年熊本県生まれ。飲食に携わる両親の背中を見て育ちながらも子どもの頃からの夢であった保育士に初就職し、3年目を迎える間際に交通事故の入院と退職。学生時代に知り合った料理人・友口義美と結婚し「おるげんと」を開店。7坪の店からのスタート。風呂のない生活を1年。その間、お客様方からメニュー・改装・経理の学びを得る。同テナント2階に拡張し、14坪750万売上の店へ。4年で3店舗。当時スタッフとの温度差を感じ、友口代表と共に、拡大拡張よりも成長ある会社づくりにゴール設定し、現在は、「すべてに感謝する心で共に成長する企業」を軸に経営。2018年15年を経て、取締役社長に就任。2016年S1サーバーグランプリ企業表彰全国1位。弊社スタッフ連続8年地区大会優勝・準優勝。現在、福岡熊本に5店舗経営。

お客さまに支持していただくためのイオン九州の取組について小売

12:0013:00

B会場

イオン九州(株)

コーポレートコミュニケーション部 部長 池畑 哲也氏

お客さまに支持していただくためのイオン九州の4つの取組
1.環境の変化へ対応する商品への取組 (日本を取り巻く環境の変化と変化に対応するための商品について、考え方と具体的商品)
2.従業員育成を効率よく行うための取組(現場が使うためのwebマニュアルについて)
3.人手不足へ対応する取組(セミセルフレジについて)
4.SDGsへの取組(未来へ向けた環境面と社会面の取組について)

講師プロフィール ▼

プロフィール

・1980年 福岡ジャスコ(株)入社 
・1989年九州ジャスコ(株)に商号変更 
・1990年~1999年 同社食品商品部デイリーグループ 
・1999年 同社江北店店長 
・2002年 同社東長崎店店長 
・2003年イオン九州(株)に商号変更 
・2004年 同社福岡ルクル店店長 
・2010年 同社コントロール部長
・2012年 同社食品商品部長 
・2016年 同社執行役員食品商品部長 
・2017年 同社執行役員九州商品開発部長 2019年3月現職 
・食品で29年間勤務 畜産・水産・デイリーを売場にて経験

レジスキャニング入門
〜1品0.3秒を縮めるための登録技術〜小売

13:3014:30

B会場

(株)チェッカーサポート

CS部 部長 中村 浩二氏

商品登録の基礎とは?一見素早く動いているように見えて、実質の効率は把握出来ていないのが登録の現状です。また、1品ごとの登録技術の積み重ねが、お店の売り上げやレジ稼働人時にどれだけ大きな影響があるのか。分かっていても見た目の速さに惑わされ、多くの企業が指導できていないのがこの項目です。採用難が続く中、少数精鋭で戦う戦闘力のキーとなる商品登録技術に触れて、新人からベテランまですぐに取り組める指導ポイントをご説明いたします。

講師プロフィール ▼

プロフィール

既存店から新店にかけて200を超える全国の委託現場を対象に、数多くの現場再生を手がけている。外部講師としても、レジでの接客・商品登録・金銭取扱いのトータルバランスをテーマに、少数精鋭で戦っていくための戦術を数々企画。現在、商品登録における『基礎・効率・パフォーマンス』に特化したプログラムを6,000名のスタッフに向け考案・指導。

<パネルディスカッション>福岡県内における食品ロス削減に向けた取組みについて食品ロス

15:0016:00

B会場


中村学園大学・短期大学部 学長 甲斐 諭氏
一般社団法人福岡県フードバンク協議会 事務局長 向居 秀文氏
公益財団法人福岡県リサイクル総合研究事業化センター プロジェクト推進班 班長 前田 和紀氏
福岡県環境部循環型社会推進課
特定非営利活動法人フードバンク福岡 理事長 雪田 千春氏

● 11/14(木)

生産者とともに行う、商品開発と販売イベント、セミナーへ取り組み小売

10:3011:30

A会場

(株)信濃屋食品

商品部 部長 岩崎 忠之氏

推奨する商品は、出来る限り生産現場に訪れ、生産者の想いや、こだわりをお客様へ伝え拡げる取り組みを強化。商品開発においても共につくり共に販売を大切に実施。

講師プロフィール ▼

プロフィール

大学時代に栄養学を学び小売業で現場の経験を経てお客様の立場を忘れない、仕入れを大切にする。国内にて生産現場、現地に訪問して実際に会って生産者様の想いや考え、こだわりを理解して市場に出ても競争力のある商品づくり、出口のある商品の提供をする。また商品開発においては、原料、製造工程、添加物など知識を得ながら商品開発を生産者様と共に作り、パッケージ作成から販売やイベント企画までする。昨年からお客様向けのセミナーの開催も積極的に実施。多いときは毎週のようにこだわりの生産者様をお呼びして啓蒙活動を実施。価格ではない商品の価値創造をして生産者様とお客様へ伝え拡げる事大切にしている。また、出張は国内に限らず海外の新しい市場の開拓も積極的に行う!最近ではコロンビア、ベラルーシの出張も。

HACCP認証ビジネス成功実例集
“大企業と取引できるのはHACCP認証会社”衛生

12:0013:00

A会場

HACCP認証協会

会長 中山 博友氏

HACCP義務化は大きなビジネスチャンスです。大手企業と同じシステムを作ることにより、お客様への安心安全をアピールできます。また、日本から食品を輸出するためには輸出国が求めるHACCPに対応することが必要です。低コストでHACCP・ISO・FSSC認証を受けるにはどうすればよいか具体的な実例をご紹介しながら、過去最高の売上・過去最高の利益を出すコツをご提案します。

講師プロフィール ▼

プロフィール

福岡県筑後市 在住
総合衛生管理HACCP認証協会 代表経営責任者
農林水産省 厚生労働省でHACCP、食の安心安全などを全国講演

農林水産省と一体になり、6次産業化の講演、HACCP支援法の推進指導。全国にHACCP工場建築指導、HACCP認証指導をする。食品産業創造展でHACCP科学館、九州オーガニックフェアーを開催。平成25年度よりカンボジア食品工場誘致指導をスタート、カンボジア政府の支援と共に国際的な衛生管理の推進をしている。

知っていますか?2020年4月食品表示完全スタート
さらに2022年4月まで食品表示追加項目処置!食品表示

13:3014:30

A会場

(株)デリカ三浦

代表取締役 三浦 正雄氏

現在、食品業界では食品表示(一括表示・栄養成分表示)の義務化にて業界ではお困りの企業が多数あります。準備は大丈夫ですか?また、表示の表記ルールはご理解されていますか?内容成分表示でないとコンプライアンス違反になります。各メーカーさんの商品規格書は間違った表記になっていませんか?表示作成後の確認をされアレルゲンを含め表記ミスは確認されましたか?

講師プロフィール ▼

プロフィール

(株)サニー(デリカ部門)、(株)西友(若菜)、ウォールマート(若菜)、(株)トーホーストア(デリカ部門)、(株)まいづる百貨店(デリカ部門)、(株)しゅんくう (コンサルタント会社)、DBS設立(コンサルタント会社)を経て株式会社デリカ三浦を設立

各事業所にて、デリカ・惣菜・中食業界を専門で30数年経験し、現在の問題点の分析・抽出をし、人時生産性売上、売上・利益・損益等改善を進め、部門・メーカーさんの黒字化を実績としています。食品ロス原料を掛け合わせ商品化を実施し、国内初の商品等を開発しています。

ネットに勝つリアル店舗の条件
-「消費者に選ばれる店舗」となるために必要なこと-小売

15:0016:00

A会場

(公財)流通経済研究所

主任研究員 加藤 弘之氏

ECの台頭により、リアル店舗を持つ小売各社は「消費者から選ばれる店舗」に向けたチェーンイメージの構築、商品開発、店頭開発が求められるようになりました。独自商品の開発や品揃えの改善はもちろん、近年ではITやアプリを活用した店頭体験に注目した例も見られます。
「消費者から選ばれる店舗」の条件を事例を交えながら紹介します。
1.消費者から選ばれる店舗の条件
2.小売業によるリアル店舗活性化の取り組み
3.今後に向けた提案

講師プロフィール ▼

プロフィール

京都大学大学院経済学研究科修士課程修了。2003年入所。
スーパーマーケットやドラッグストアにおける消費者調査や店頭改善提案、消費財メーカー卸への営業コンサルティング等を手がける。近年の主な研究領域は、消費財流通における消費者購買行動、店頭マーケティング、ドラッグストア業態研究、ヘルスケア産業流通研究。
【主な著書】
『インストア・マーチャンダイジング〈第2版〉』、 日本経済新聞出版社 2016年(共著)、『店頭マーケティングのためのPOS・ID-POSデータ分析』、日本経済新聞出版社、2016年(共著)

内航船利用による食品混載冷蔵サービスの開始について食品物流

10:3011:30

B会場

日本通運(株)
福岡支店 九州営業部

松下 孝一氏

・商品開発(背景)とサービス内容/商品名称
・現状と課題
・生産・流通の構造の変化
・国内物流(生産者・流通業者の声)
・輸送モデルご案内

外食産業の未来について考える
福岡から海外展開へ、M&A戦略とは外食

12:0013:00

B会場

元アスラポート・ダイニング(現JFLホールディング)代表取締役社長
元力の源カンパニー常務取締役

中村 敏夫氏

外食産業に限らず、様々な分野で上場会社の経営に携わってきた経験をもとに、博多ラーメン一風堂を運営する力の源カンパニー社での海外戦略やM&A戦略、アスラポート・ダイニング社での経営トップとして様々な経験をもとにわかりやすく、そのノウハウを公開します。特に海外で成功する外食産業とは、これからの海外展開を検討するうえで留意することなどを実際の経験に基づきお話しします。

講師プロフィール ▼

プロフィール

大学にて経営学を学び、会計分野のスペシャリストであるとともに、過去、外食産業に限らず、様々な分野で上場会社へとステージアップする経営手腕をふるってきた。福岡に拠点を置く博多ラーメン一風堂を運営する力の源ホールディングスでは、海外展開とM&Aを担当し、大きな成果を収める。さらにアスラポート・ダイニング社でもその手腕をいかんなく発揮し、業容の拡大に努めた。現在も数多の企業から社外取締役や外部顧問の招聘オファーが途絶えることなく、外食産業の未来を担う後進への指導に余念がない日々を送っている。

外食産業の海外展開は事業拡大のチャンス!
~成功事例と失敗事例、留意すべきことは?~海外進出

13:3014:30

B会場

(株)epoc

取締役副社長 吉田 孝敬氏

海外で成功している外食産業の特徴は?日本外食産業の勝機は?海外地域ごとの外食産業概況やこれから海外展開を考える際に留意すべきことなどを豊富な現場での経験を交えながらお話します。

講師プロフィール ▼

プロフィール

ファーストキッチンの創業期に店舗運営、本部を経験後、「サブウェイ」の日本導入に伴い、R&Dマネージャー、直営店統括責任者を歴任。その後、グリーンハウスフーズにて、とんかつ「新宿さぼてん」の商品開発、購買、海外事業、新規事業等を執行役員として担当、海外事業では、海外1号店~100号店程度までの出店を指揮、2012年株式会社epocを設立。

全国トップサーバーが実践!「接客アハ体験」でクレーム対応力アップ!!外食

15:0016:00

B会場

NPO法人 繁盛店への道

S1スクール講師 奥田 英里氏

サーバー(ホールスタッフ)に必要なもののひとつに「気付き力」というものがあります。このセミナーでは『アハ体験(静止画がちょっとずつ変化していく)』を通して、テーブルの上に、何を注視しなくてはいけないのか、またはその場合、どんな応対が必要なのかを、人間心理を交えて講義していきます。また、トータルで教育が出来る仕組みの「S1スクール」のご紹介を一部させて頂きます。

講師プロフィール ▼

プロフィール

学生時代:チアダンス日本代表で世界大会出場
マクドナルドAJCCにて千葉茨城代表に選ばれる
2012年3月:S1サーバーグランプリ四国地区代表 準優勝
2014年2月 :一家ダイニング入社
2015年1月:The Place of Tokyo異動
ウェディングプランナーへ転身し年間成約率トップの成績を残す
この間『女将奥田流”おもてなし人”への道』として社内SNSで全社におもてなしノウハウを毎日発信
2016年4月:ブライダルアシスタントマネージャー就任
2017年6月:COOに就任し両事業部のおもてなし向上
現在は社内でのトレーニングを中心にブライダル、飲食と業界問わずセミナーを行っている

ライブキッチンステージ

会場:ライブキッチンステージ
[厨房機器提供]
ホシザキ北九株式会社

試食もできて、五感で学べる60分!飲食店やお惣菜店舗にも差別化メニューが
きっと見つかるはずです!(試食数には限りがあります)
またその場にて実機の展示も行います。
聴講者数には限りがございますので、お早目のご来場をおすすめします。
※聴講される方はお一人様1枚名刺をセミナー会場受付にてお渡しください。

聴講無料

● 11/13(水)

ビールメーカー4社のオススメする一味違う飲み方の提案ドリンク提案

11/13(水)

12:3013:30



(株)オーリック

 営業部 営業企画課 司会進行 松崎弘典氏・作田大地氏

飲食店のビールのほぼ、99.9%を占めるビール4社(アサヒビール・キリンビール・サッポロビール・サントリー)の方に、今流行り、オペレーション、粗利などの視点から、取り組まれた方が良いドリンクメニューの提案を行って頂きます。各社の意図する所を再度、ご理解頂き飲食店様の自店の繁盛に結びつけていただければと思います。

講師プロフィール ▼

プロフィール

松崎弘典:酒類販売に携わり営業、営業企画、メニュー製作、飲食の接客のNPOの運営など、飲食業を客観的に見続けて15年お得意先に来店されるお客様の視点より各種アドバイスを行う。

作田大地:配送営業にてお得意様のお店を客観的に見ながら飲食店に必要なものは何かを常にお客様と一緒に模索する中、現在は、福岡を中心に九州全域にて、各種イベント出店、企画、運営に携わる。お客様の繁盛の為に違う視点よりアドバイスを行う。

こんな商品探してたんだっ!時短でパイが劇的変化!!商品開発

11/13(水)

16:0017:00

(株)トモス

商品企画室長 都甲 睦美氏

仕込みや取り扱いが面倒なパイを冷凍生地でご紹介します。オリジナルクリームであっという間にプロが作るスイーツに。また、生地とアパレイユがセットになった簡単キッシュをご紹介します。ホテルのサイドメニューからカフェメニュー、そしてご家庭でも、様々なところで幅広くご利用いただけるありそうでなかった商品です。簡単な作業でプロの味が再現できる便利なパイ生地をご賞味下さい。

講師プロフィール ▼

プロフィール

島根大学大学院卒業後、福岡の菓子メーカーに入社。品質管理に所属しながら、菓子製造のノウハウを学ぶ。株式会社トモス設立を機に転職し、品質管理・商品開発を担当。某有名ホテルやパティシエの味をライン製造で再現することや、効率化を図った量産製造の基礎作りなど行う。現在は、商品企画室長として店舗開発やOEM商品の開発に取り組む。日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエプロとして野菜を取り入れた商品づくりも積極的に行っている。

● 11/14(木)

お魚の美味しい商品化を知っていますか?従来商品以外にもまだありますよ!中食メニュー

11/14(木)

12:0013:00

(株)デリカ三浦

代表取締役 三浦 正雄氏

従来、中食業界ではサバ・鮭・サンマ・イワシ商品を主としており、塩焼き・竜田揚・フライ等の商品化がメインとなっております。その他魚種を含め、違う切り口での提案は如何ですか?時代のテーマとして、食品ロス原料として廃棄されている物や、季節の旬原料の従来とは違う商品化で、お客様を買い物難民にしていませんか?どこの買場(売場)も同様の商品で価格競争のみなっていませんか?

講師プロフィール ▼

プロフィール

(株)サニー(デリカ部門)、(株)西友(若菜)、ウォールマート(若菜)、(株)トーホーストア(デリカ部門)、(株)まいづる百貨店(デリカ部門)、(株)しゅんくう (コンサルタント会社)、DBS設立(コンサルタント会社)を経て株式会社デリカ三浦を設立

各事業所にて、デリカ・惣菜・中食業界を専門で30数年経験し、現在の問題点の分析・抽出をし、人時生産性売上売上・利益・損益等改善を進め、部門・メーカーさんの黒字化を実績としています。食品ロス原料を掛け合わせ商品化を実施し、国内初の商品等を開発しています。

将来を見据えたバランス食の紹介 ~大豆の底力~高齢者食

11/14(木)

13:3014:30

はしや

代表 橋本 祐充子氏

普段、私たちが体にいちばん良く効く魔法の薬があるのをご存知でしょうか?それは安くておいしくて手軽なものです。毎日料理して食卓にのぼる料理の野菜や魚、肉、果物がそうなのです。健康の維持を保つために大変役立っています。そこで今回は大豆に注目していきます。大豆には、脂質異常症、がん、骨粗鬆症、更年期障害などを改善する多彩な作用があるとされています。今回は大豆に関する知識や実際に家庭料理やレストランメニューでの活用の仕方などを提案していきます。

講師プロフィール ▼

プロフィール

佐賀県栄養士会所属。西九州大学短期大学部 非常勤講師。佐賀県立農業大学校 非常勤講師。経済産業省 地域産業資源活用事業計画等評価委員。1996年より各種料理教室セミナー講師を多数つとめる傍ら、外食レストランの店舗プロデュースやメニュー開発、企業の商品開発にも携わる。また、経済産業省の6次産業プランナーとして各自治体と連携しながら地元企業の6次産業事業の支援を積極的に行う。県内外向けの情報誌などで佐賀の旬な食材を使った創作料理を紹介するなど活躍。【主な著書】「うちの野菜料理シリーズ」(成美堂出版)、「橋本流 かんたんレシピ」(佐賀新聞社)など

スペシャルティコーヒーとは?美味しいコーヒーを簡単に淹れるコツドリップ実演

11/14(木)

15:0016:00

レックコレクティブ(株)(REC COFFEE)

営業セクション イベントマネージャー 永汐 芳嗣氏

スペシャルティコーヒーとは?福岡市内で4店舗展開している「REC COFFEE」のバリスタが、ハンドドリップの抽出実演を交えながら、美味しいコーヒーを簡単に淹れるコツをお教えします。

講師プロフィール ▼

プロフィール

2010年REC COFFEE入社
営業セクション イベントマネージャーとして年間約100日を福岡県内に限らず県外でも催事イベント出店を行う。そのほか、外部出張セミナー、新規開業トレーニング、コーヒー豆の卸販売関連も担当、その傍らでREC COFFEE各店舗の店頭にもバリスタとして立つ。
■実績
JCIGS(ジャパンコーヒーイングッドスピリッツ)2014 4位

フューチャーセッション

(対話人数:定員3~5名)
会場:ライブキッチンステージ
様々な立場の方々が対話することで多角的な視点による課題解決や『新たなアイディア』を生み出す対話の場です。
参加人数には限りがございますので、お早目のご来場をおすすめします。
またご聴講もいただけます。ぜひ、ご参加ください。
※ご参加される方はお一人様1枚名刺をセミナー会場受付にてお渡しください。

聴講無料

● 11/13(水)

健康志向がより高まる、マスとコアなマーケティングと商品開発サプライヤー向け

11/13(水)

10:3012:00

(株)博多よかろうもん本舗

代表取締役 原 垣彦氏

消費者が求める「健康志向」を実現するために、販売者から製造者まで同じ視点を持ったサプライチェーンの構築の実現へ向けた各者の役割と責任とは。

講師プロフィール ▼

プロフィール

学卒後、(株)四宮(成金饅頭)、博多ステーションフードのスーパー部門の店長を経て、99年3月、(株)やまやコミュニケーションズに入社。営業本部長を経て、08年に社内カンパニーのやまやクリエイトの社長に就任後、同社を退社。10年11月に(株)博多よかろうもん本舗を設立した。

小さなことからコツコツと商品開発はじめよう!~小規模事業者向けの商品開発ポイント~小規模事業者向け

11/13(水)

14:0015:30

(株)博多よかろうもん本舗

代表取締役 原 垣彦氏

飲食店様や販売店様など、リアル店舗からネット通販まで、小規模事業者様に向けて商品開発から販売までのポイントをできるだけわかりやすい言葉でお話をします。

講師プロフィール ▼

プロフィール

学卒後、(株)四宮(成金饅頭)、博多ステーションフードのスーパー部門の店長を経て、99年3月、(株)やまやコミュニケーションズに入社。営業本部長を経て、08年に社内カンパニーのやまやクリエイトの社長に就任後、同社を退社。10年11月に(株)博多よかろうもん本舗を設立した。

● 11/14(木)

地産地消だけで大丈夫? 地方が抱える問題点とその解決へ向けて自治体向け

11/14(木)

10:1011:40

(株)博多よかろうもん本舗

代表取締役 原 垣彦氏

地方の生産者や自治体が抱える問題を「加工食品」でどうやって解決していくのか、まずはその道筋を見つけて見直していくことから始めてみましょう。

講師プロフィール ▼

プロフィール

学卒後、(株)四宮(成金饅頭)、博多ステーションフードのスーパー部門の店長を経て、99年3月、(株)やまやコミュニケーションズに入社。営業本部長を経て、08年に社内カンパニーのやまやクリエイトの社長に就任後、同社を退社。10年11月に(株)博多よかろうもん本舗を設立した。